ニュース

  • 労 働 法 労務管理・労務相談
  • 助 成 金
  • 労働保険・社会保険
  • 年金・退職金 税務・生命保険
  • メンタルヘルス WLB・安全衛生
  • 広報・セミナー その他

メンタルヘルス WLB・安全衛生

マタニティー・ハラスメントの現状と対策について

2016年03月03日

女性の活躍推進は、平成15年の男女共同参画推進本部において、国際的な目標値と同水準として「2020年(平成32年)までに指導的地位に占める女性の比率を30%に増やす」目標が掲げられました。
しかし、平成27年版の男女共同参画白書によると現時点での企業の女性管理職比率はわずか11%であり、目標達成には程遠く、諸外国に比べても低い水準となっています。

○就業者および管理的職業従事者に占める女性割合

(別表を参照のこと)
※「男女共同参画白書 平成27年版」より

日本において女性のさらなる社会進出を進める上で、障害になっている問題のひとつに
マタニティー・ハラスメント(以下、マタハラ)があります。
マタハラの問題は、平成26年に裁判で最高裁まで争われたことで注目され、
その年の流行語大賞にノミネートされるなど、世間一般的に認知されるようになりました。

そのような流れを受けて、昨年、厚生労働省では初めてとなる
「妊娠等を理由とする不利益取扱いに関する調査」を実施し、11月にその内容を公表しました。
その結果、正社員の21.8%、派遣社員では48.7%の女性社員がマタハラを経験したとの調査結果が明らかになりました。

○雇用形態ごとの妊娠等を理由とする不利益取扱い経験

また、同調査では、マタハラへの会社の対応として何が効果的か合わせて公表されました。
それによると育児休業の規定の明文化、管理職をはじめ職場全体に対する研修や周知等といった
取り組みを行うと不利益取扱い経験率が大きく下がることが分かりました。

このような現状にはありますが、政府もマタハラの問題を減らすため法律の整備を進めています。
平成27年に「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」が制定されましたが、
今年の1月31日には、男女雇用機会均等法や育児介護休業法の改正案が、国会に提出されました。
その改正案では、労働者が妊娠・出産・育児・介護を理由に休業を利用することで就業環境が害されることがないように
事業主は必要な措置を講じることを義務としています。
さらに、育児介護休業法では、有期契約労働者が育児休業を取得しやすくするために適用要件を緩和したり、
子の看護休暇を1日未満の単位で取得することができるようにする案などが示されています。

その他の関連法案としては、雇用保険法の改正案があります。育児休業および介護休業を取得すると
雇用保険から給付金が支給されますが、今回の改正でその適用範囲の拡大と給付金の上限額を
上げるなどの案が示されています。

この機会に法改正を見据えて、調査結果にあるような制度の可視化や周知・意識付けなどの取り組みについて、
改めて考えてみてはいかがでしょうか。


職員:林

一覧へ戻る

<< Prev Next >>

▲ページのトップに戻る

  • 助成金診断・申請
  • 労働保険・社会保険業務
  • 就業規則・各種規定
  • 給与計算
  • 行政監査
  • 人事・労務相談・指導
  • メンタルヘルス
  • 労務監査
  • 士業・コンサルタント紹介

事務所案内

社会保険労務士法人 川口人事労務総研 〒111-0036 東京都台東区松が谷1-3-5 上野イーストビル2階 TEL:03-5827-3345(代) FAX:03-5827-3346(代)

お問い合わせフォームはこちら

iso

SRP

左記の【認証】マークは、社会保険労務士事務所を対象に、全国社会保険労務士会連合会が個人情報保護に関する運用意識が高いと認定された事務所へ付与されたものです。

  • 中小企業福祉事業団