ニュース

  • 労 働 法 労務管理・労務相談
  • 助 成 金
  • 労働保険・社会保険
  • 年金・退職金 税務・生命保険
  • メンタルヘルス WLB・安全衛生
  • 広報・セミナー その他

メンタルヘルス WLB・安全衛生

「過労死等の労災補償状況と認定基準」について

2016年08月01日

厚生労働省では、過重な仕事が原因で発症した脳・心臓疾患や、仕事による強いストレスなどが原因で
発病した精神障害の状況について、労災請求件数や、業務上疾病と認定し労災保険給付を決定した
支給決定件数などを年1回、取りまとめています。
今回は平成28年6月に取りまとめられた、「平成27年度過労死等の労災補償状況(脳・心臓疾患に関する労災補償状況を抜粋)」と、
別に厚生労働省が定めている「脳・心臓疾患の労災認定の基準」についてご紹介いたします。

今回の厚生労働省の報告によると、労災補償の請求件数は795件で、そのうち、
労災補償の支給決定件数は251件(内、死亡件数96件)となっています。
請求件数については、前年度と比して増加傾向、支給決定件数は減少傾向にあります。
ここ5年間の動向において、総数としては減少傾向にあります。

年齢別に見てみると、労災補償の支給決定件数は「50〜59歳」が91件、「40〜49歳」が80件、
「60歳以上」が38件の順であり、40歳〜59歳のミドルエイジ層の労働者の支給決定件数が特に多い結果となりました。
また、時間外労働時間数別でも、以下のとおり支給決定件数の内訳が発表されています。

<脳・心臓疾患の時間外労働時間数(1ヵ月平均)別支給決定件数>
    区   分        支給決定件数    (うち死亡)
   45時間未満              0        0
45時間以上〜 60時間未満       1        1
60時間以上〜 80時間未満       11        4
80時間以上〜100時間未満      105        49
100時間以上〜120時間未満      66        24
120時間以上〜140時間未満      16        6
140時間以上〜160時間未満      20        7
   160時間以上             18        3
   その他(※)              14        2
    合計                 251       96
※その他の件数は、認定要件のうち、「異常な出来事への遭遇」または「短期間の過重業務」により支給決定された事案の件数です。

このように、労働者に発症した脳・心臓疾患を、日常生活による諸要因や遺伝等要因と判別し、
労働が主要因であるとして労災認定するための対象となる疾病や基準が、厚生労働省より次のとおり示されています。

1.対象となる疾病
  ’招豐票栖機脳内出血(脳出血)、くも膜下出血、脳梗塞、高血圧脳症
 ◆ゝ血性心疾患等:心筋梗塞、狭心症、心停止、解離性大動脈瘤

2.認定要件
  ^枉錣塀侏荵:発症直前から前日までの間において極度の緊張や興奮、恐怖などの「精神的な負荷」や
             緊急かつ強度の「身体的負荷」、急激で著しい「作業環境の変化」があった場合。
 ◆|惨間の過重業務:発症前のおおむね1週間において日常業務に比較して、特に過重な身体的、精神的負荷が生じた場合。
  長期間の過重業務:発症前の長期間にわたり著しい疲労の蓄積をもたらす特に過重な業務に就労した場合。

なお、上記に掲げる認定要件のうち、特に業務と疾病の発症との関連性が強いと評価される長時間労働は
下記の時間外労働が目安とされています。
      期 間                目安となる時間外労働時間
   “症前1ヵ月間               おおむね 100時間
   発症前2ヵ月〜6ヶ月            おおむね  80時間


ここまで、脳・心臓疾患の労災補償の支給決定件数や認定基準をご紹介しましたが、
共に長時間労働を問題の一要素として捉えています。
本年4月から厚生労働省では、全国の労働基準監督署による重点監督の対象を
「月80時間超の残業が疑われるすべての事業場」に拡大するなど、
過重労働の防止に向けた法規制の執行強化を図っています。
また、厚生労働省が取りまとめた「過労死等の防止のための対策に関する大綱」では、平成32年までに
「週労働時間60時間以上の雇用者の割合を5%以下」にするといった数値目標が掲げられており、
年々長時間労働に関する対策は強化されることが想定されます。そのような社会的動向も見据えて、
労働時間削減に対する取り組みを考えて行く必要があるでしょう。


職員:廣瀬

一覧へ戻る

<< Prev Next >>

▲ページのトップに戻る

  • 助成金診断・申請
  • 労働保険・社会保険業務
  • 就業規則・各種規定
  • 給与計算
  • 行政監査
  • 人事・労務相談・指導
  • メンタルヘルス
  • 労務監査
  • 士業・コンサルタント紹介

事務所案内

社会保険労務士法人 川口人事労務総研 〒111-0036 東京都台東区松が谷1-3-5 上野イーストビル2階 TEL:03-5827-3345(代) FAX:03-5827-3346(代)

お問い合わせフォームはこちら

iso

SRP

左記の【認証】マークは、社会保険労務士事務所を対象に、全国社会保険労務士会連合会が個人情報保護に関する運用意識が高いと認定された事務所へ付与されたものです。

  • 中小企業福祉事業団